デザイン

時の中で磨かれ味わいを増す、普遍性ある都市邸宅デザイン。

外観完成予想図

STYLISH DESIGN

存在感ある低層フォルムが、住まう方の美意識を物語る。

「カサーレ小平」が目指したのは、洗練を感じさせる都市型のデザインです。上質感あるタイル張りのウォールに、ガラスや金属質の素材を組み合わせ、さらに縦横のグリッドラインを強調したデザインを採用する事で、邸宅らしい落ち着きとリズミカルな印象が同居する外観を描き出しました。「カサーレ小平」が目指したのは、洗練を感じさせる都市型のデザインです。上質感あるタイル張りのウォールに、ガラスや金属質の素材を組み合わせ、さらに縦横のグリッドラインを強調したデザインを採用する事で、邸宅らしい落ち着きとリズミカルな印象が同居する外観を描き出しました。

  • 外観の意匠に息づく美学
  • リズミカルな低層フォルム
  • 潤いをもたらす植栽計画

素材のひとつひとつに宿る、上質へのこだわり。

外観とエントランスファサードには、焼き物の色調と風合いを追求したタイルを採用。微妙な色合いの変化が味わいを深めます。またエントランスホール内は、外のアプローチから連なる磁器質タイルを床面に。さらに壁面には、純白にグレーをあしらった大理石や、オーダーメイドのブロックパターンを用いたタイルなどを採用し、白を基調とした気品と落ち着きある空間づくりを施しました。外観とエントランスファサードには、焼き物の色調と風合いを追求したタイルを採用。微妙な色合いの変化が味わいを深めます。またエントランスホール内は、外のアプローチから連なる磁器質タイルを床面に。さらに壁面には、純白にグレーをあしらった大理石や、オーダーメイドのブロックパターンを用いたタイルなどを採用し、白を基調とした気品と落ち着きある空間づくりを施しました。

上質な日常へ、住まう方を招き入れるエントランスの仕立て。

  • PRECIOUS FACADE

    その表情は、住まう方の誇りを末永く満たす。

    大きく張り出した庇が余裕を感じさせるエントランスは、陶器質タイルの採用により重厚感ある印象に仕上げました。さらにホールへと進むと、コミュニティガーデンの緑を望むように配置されたラウンジが、住まう方の語らいを演出。日常に上質なゆとりを添えます。

※掲載の完成予想図は、図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。
※植栽の樹種・大きさについては、未確定となっており、竣工時には完成予想図程度には成長してはおりません。 また植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。